寛文13年の洪水

災害年月日
1673年08月09日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
寛文13年(1673)6月27日、石手川が氾濫して、松山の城下町が洪水に見舞われた。これ以後、天井川化した石手川は度々氾濫して、田畑を押し流した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
川内町新誌編纂委員会編「川内町新誌」(川内町、1992年)、305頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 石手川
NO.
愛媛4257

よく似た災害

大正9年の洪水

大正9年(1920)7月2日、集中豪雨のため、蓮乗寺川は氾濫し、僧都川は至る所で堤防が決壊し、田畑を押し流し、人家を襲った。また、海岸地帯では各所でが... 続きを読む

明治45年の洪水

明治45年(1912)、大雨で石手川が氾濫し、中村橋が流失した。 続きを読む

寛文13年6月の洪水

寛文13年(1673)6月17日~27日の長雨により、石手川決壊。(「松山叢談」による) 続きを読む

寛延元年7月の洪水

寛延元年(1748)7月21日から22日にかけて大風、洪水があり、川は氾濫し、山は崩れ、平地一面は海と化し、人畜の溺死多数にのぼった。 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月21日から降り出した雨は22日夜より豪雨となって、重信川、砥部川、久谷川が増水した。その後、重信川堤防が決壊して奔流が堤防南... 続きを読む