享保17年の長雨

災害年月日
1732年00月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
その他(長雨)  
概要
享保17年(1732)、長雨によって麦が不作になり、稲はウンカのためにほとんど壊滅状態となった。松山藩では、5,705人の餓死者を出し、藩主が幕府から差控を命じられている。伊予郡筒井村(現松前町)の百姓作兵衛が餓死した時、麦の種子を枕にしていたという逸話がある。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
川内町新誌編纂委員会編「川内町新誌」(川内町、1992年)、305-309頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 死者 作兵衛 享保の飢饉
NO.
愛媛4260

よく似た災害

享保17年の長雨

享保17年(1732)5月20日から7月上旬まで雨降り止まず、次いでウンカが発生した。物価が騰貴し、飢饉となり、享保17年11月19日に藩が幕府出した... 続きを読む

享保17年の長雨

image

享保17年(1732)5月下旬から降り出した雨は、7月上旬まで続き、重信川などが氾濫し、これに6月中旬から稲田に発生したウンカが追い打ちをかけて、飢饉... 続きを読む

享保17年の洪水

享保17年(1732)5月20日より、天候不順となり霖雨続き、重信川が氾濫した。続いて、6月初めよりウンカが発生した。このため、農作物は収穫皆無となり... 続きを読む

享保17年の洪水

享保17年(1732)閏5月10日、出水。7月1日、ウンカ駆除祈祷各地に執行。7月13日、稲枯れ野に青色なし。袖乞市に満つ、伊予郡の者多し。筒井村作兵... 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)5月から7月まで降り続いた雨により、冷夏となり、作物は根腐をおこしはじめ、ウンカの異常発生によって、稲は大半が枯死し、鯨油を散布... 続きを読む