文政9年の洪水

災害年月日
1826年05月00日
市町村
愛媛県松前町
災害種類
風水害  
概要
文政9年(1826)4月~6月に伊予国各地で洪水の被害があった。松前では中川原、徳丸、大間で重信川の堤防が切れ、田地に激甚な被害があった。(「永代日記覚」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松前町誌編集委員会編「松前町誌」(松前町、1979年)、285頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 重信川 堤防決壊 永代日記覚
NO.
愛媛4269

よく似た災害

延享5年の台風

延享5年(1748)7月、大風三度吹き、家が多く痛み、大雨により北川原の土手が切れ、畑作物が痛む。(「永代日記覚」による) 続きを読む

大正15年の洪水

大正15年(1926)7月、県内で豪雨があり、松山市でも重信川の堤防が決壊し、立花橋も流失した。 続きを読む

昭和25年の洪水

昭和25年(1950)9月、洪水により、重信川では堤防決壊、田畑冠水、床上浸水などの大きな被害があった。 続きを読む

昭和26年の洪水

昭和26年(1951)7月、洪水により、重信川では堤防決壊、田畑冠水、床上浸水などの大きな被害があった。 続きを読む

昭和29年の洪水

昭和29年(1954)7月、洪水により、重信川では堤防決壊、田畑冠水、床上浸水などの大きな被害があった。 続きを読む