昭和18年の洪水

災害年月日
1943年07月21日
市町村
愛媛県砥部町
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月21日から降り出した雨は22日夜より豪雨となって、重信川、砥部川、久谷川が増水した。その後、重信川堤防が決壊して奔流が堤防南側の水田を押し流し、拝志村堤防決壊による濁水が久谷川堤防を押し切り、双方相和して高尾田耕地を経て重信橋南40間の箇所の県道松山高知線を約80間押し流して交通途絶した。被害は水田流失55町歩、水田浸水80町歩、水稲被害1,582石等に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
砥部町誌編纂委員会編「砥部町誌」(砥部町、1978年)、12-15頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 重信川 砥部川 久谷川 堤防決壊
NO.
愛媛4272

よく似た災害

明治23年の洪水

明治23年(1890)9月11日、台風に伴う大雨により、特に新荘川筋の出水は平水より7m余高く、堤防を決壊して田畑、人家を押し流し、上分、新荘地区に大... 続きを読む

寛文13年の洪水

寛文13年(1673)6月27日、石手川が氾濫して、松山の城下町が洪水に見舞われた。これ以後、天井川化した石手川は度々氾濫して、田畑を押し流した。 続きを読む

明治19年の洪水

明治19年(1886)9月10日の洪水により、物部川の堤防が西岸の竹が端で300間、東岸の仁尾島で150間決壊した。濁流は、西岸では立田、田村、物部、... 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)7月、大洪水により、増水が甚だしく、斗賀野村役場(二ノ部)東にかけて道路上の水嵩は2尺に及んだ。西山大谷の大崩れは遠くまで大木を... 続きを読む

昭和27年の洪水

昭和27年(1952)7月11日、洪水。10日~11日に175ミリ、堤防決壊5箇所、道路決壊11箇所、床下浸水1,230戸、水田埋没4町歩、冠水420... 続きを読む