昭和42年の集中豪雨

災害年月日
1967年07月09日
市町村
愛媛県内子町(小田町)
災害種類
風水害  
概要
昭和42年(1967)7月9日午後9時過ぎから集中豪雨に見舞われ、3時間に133.5ミリの雨量を記録した。このため、小田川をはじめ河川があふれ出し、電話、交通が遮断された。被害は重傷1人、家屋の全壊23棟、耕地の流失・埋没28ha、冠水65ha、道路決壊75箇所、護岸決壊114箇所、山崩れ86箇所、通信施設250箇所、床上浸水18棟、床下浸水271棟等に及び、被害総額は4億9,964万円余に達した。この災害は激甚災害の指定を受け、昭和43年~46年の4年間で復旧工事が行われた。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
林與一郎編「小田町誌」(小田町、1985年)、458-461頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 小田川 激甚災害 復旧工事
NO.
愛媛4337

よく似た災害

昭和49年6月の集中豪雨

昭和49年(1974)6月、局地的集中豪雨により、坂本川沿いで床上浸水7戸、床下浸水30戸、橋2箇所流失、1箇所破損、県道不通5箇所、堤防・護岸の決壊... 続きを読む

昭和47年9月の集中豪雨

昭和47年(1972)9月、集中豪雨により、住家の床上浸水186世帯、床下浸水375世帯の被害が出た。野市町に災害救助法が適用された。 続きを読む

昭和36年6月の集中豪雨

昭和36年(1961)6月24日夜、佐喜浜を中心に集中豪雨があり、538ミリを記録した。また、24日の雨量は野根で460ミリ、田野で332ミリ、室戸岬... 続きを読む

昭和47年の集中豪雨

昭和47年(1972)9月8日、集中豪雨のため、今治で蒼社川、浅川、龍登川などが氾濫し、重軽傷者8人、家屋の全半壊14戸、床上浸水972戸、床下浸水5... 続きを読む

昭和47年の集中豪雨

昭和47年(1972)9月8日午前8時30分から翌9日午前8時30分まで、今治市を中心に集中豪雨があり、菊間小学校で149ミリを記録した。この集中豪雨... 続きを読む