昭和26年7月の豪雨

災害年月日
1951年07月13日
市町村
愛媛県内子町(五十崎町)
災害種類
風水害  
概要
昭和26年(1951)7月13日、豪雨により、浸水家屋あり、半壊家屋2戸、田畑冠水52ha、堤防決壊3箇所、被害見積額147万円以上。(「五十崎史」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
五十崎町誌編纂委員会編「五十崎町誌」(五十崎町、1971年)、19頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 小田川 堤防決壊 五十崎史
NO.
愛媛4471

よく似た災害

昭和26年7月の豪雨

昭和26年(1951)7月13日、豪雨により、浸水家屋あり、半壊家屋2戸、田畑冠水52ha、堤防決壊3箇所、被害見積額147万円以上。(「五十崎町沿革... 続きを読む

昭和42年7月の豪雨

昭和42年(1967)7月9日~12日、連日の豪雨のため、降雨量は161.6ミリを記録した。被害は住家の半壊1戸、浸水3戸、田畑冠水15ha、道路決壊... 続きを読む

昭和38年4月の長雨

昭和38年(1963)4月28日から7月中旬までの長雨により、麦は明治以来の不作となり、柑橘、野菜にも大被害が出た。農林水産関係損害見積額37億円、土... 続きを読む

昭和27年の豪雨

昭和27年(1952)3月22日、発達した低気圧のより、那賀郡福井で記録的な強雨があった。被害は死者6人、負傷者2人、家の全壊3戸、半壊18戸、床上浸... 続きを読む

昭和27年の豪雨

昭和27年(1952)3月22日、発達した低気圧のより、那賀郡福井で記録的な強雨があった。被害は死者6人、負傷者2人、家の全壊3戸、半壊18戸、床上浸... 続きを読む