大正2年の洪水

災害年月日
1913年08月27日
市町村
愛媛県内子町(五十崎町)
災害種類
風水害  
概要
大正2年(1913)8月27日、小田川で大洪水のため、豊秋橋が流失した。このため、改修工事で延長152.4m、幅2.7mの木造土橋を架けた。経費は4,900円であった。(「五十崎町沿革史」による)
地理院地図
Googleマップ
参考画像
参考文献
五十崎町誌編纂委員会編「改訂 五十崎町誌」(五十崎町、1998年)、41頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 小田川 豊秋橋流失 改修工事 五十崎町沿革史
NO.
愛媛4475

よく似た災害

大正2年の洪水

image

大正2年(1913)8月27日、小田川で大洪水のため、豊秋橋が流失した。このため、改修工事で延長152.4m、幅2.7mの木造土橋を架けた。経費は4,... 続きを読む

大正12年の洪水

image

大正12年(1923)7月11日、数十年来の大降雨があり、小田川の増水は甚だしく、字上村新川筋堤防決壊2箇所、矢ヶ谷・鳥越方面の高い道路さえ数寸の流水... 続きを読む

昭和20年7月の水害

昭和20年(1945)7月12日、浸水家屋あり。(「五十崎町沿革史」による) 続きを読む

大正12年の洪水

image

大正12年(1923)7月11日、数十年来の大降雨があり、小田川の増水は甚だしく、字上村新川筋堤防決壊2箇所、矢ヶ谷・鳥越方面の高い道路さえ数寸の流水... 続きを読む

昭和20年10月の洪水

昭和20年(1945)10月8日、小田川氾濫、浸水家屋多数、警防団出動。(「五十崎町沿革史」、「天神村消防沿革誌」による) 続きを読む