天明7年の洪水

災害年月日
1787年06月10日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
風水害  
概要
天明7年(1787)4月25日、肱川で洪水、増水量は8.9m。(昭和46年版「五十崎町誌」による)大洲地方では豪雨が続き、4月25日には大洪水となり、水位2丈9尺7寸も増えて、流家11軒、潰家333軒、死者5人という大被害が出た。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
五十崎町誌編纂委員会編「改訂 五十崎町誌」(五十崎町、1998年)、42頁及び120頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 肱川 五十崎町誌 死者
NO.
愛媛4486

よく似た災害

天保14年の洪水

天保14年(1843)7月5日、6日昼夜大降雨、7日大洪水。吉野川では大洪水により流家が多く、50年来の大水と言われた。「七夕水」という。 続きを読む

天保14年の洪水

天保14年(1843)7月5日、6日、昼夜大雨降りたまり1丈1尺となり、大洪水のため流家が多かった。その際、50年来の大水と言われた。 続きを読む

天保14年の洪水

天保14年(1843)7月5日、6日、昼夜大雨降りたまり1丈1尺となり、大洪水のため流家が多かった。その際、50年来の大水と言われた。 続きを読む

天明2年の洪水

天明2年(1782)5月25日から6月23日まで、雨降りが続き、大洪水となり、稲田の湛水数千町歩、民家の流失230余戸に達した。 続きを読む

天保14年の洪水

天保14年(1843)7月5日~6日、昼夜の大降雨により、7日吉野川は大洪水となり(「七夕水」と呼んだ)、特に板野郡では50年来の大水となり流家多し。... 続きを読む