明治6年の台風

災害年月日
1873年09月00日
市町村
愛媛県伊予市(双海町)
災害種類
風水害  
概要
明治6年(1873)9月、暴風雨により、上灘川の上流が54箇所決壊し、川の中に土砂が山をなしたと記録されている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
双海町編「双海町誌」(双海町、1971年)、15頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 上灘川決壊
NO.
愛媛4535

よく似た災害

明治6年の台風

明治6年(1874)9月、双海地方に来襲した暴風雨により、上灘川の上流が54箇所決壊し、川の中に土砂が山をなしたと記録されている。 続きを読む

明治19年の洪水

明治19年(1886)9月10日の洪水では、石手川の堤防決壊により「石手村ほか4箇所で浸水、溺死者十数人、重信川上村で堤防決壊、温泉郡内の被害甚大であ... 続きを読む

享和3年の洪水

享和3年(1803)、重信川の堤防決壊により、被害は志津川以西の各村に及び、「牛渕の平地4尺余浸水」(八木仁平覚書)にあるように野田、高井にまで達した... 続きを読む

元禄11年の大火

元禄11年(1698)10月6日午の刻(正午)頃、北奉公人町1丁目から出火し、西風にあおられて大火となった。「南路志」ではこの火事で町中でやっと13軒... 続きを読む

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)、干害のため、高松藩内で55,000石余の立枯田が出たと記録されている。この水不足のため、7月1日に寺井村の百姓50余人は大野の案... 続きを読む