明治19年の台風

災害年月日
1886年08月00日
市町村
愛媛県伊予市(双海町)
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)8月、暴風雨により、各河川の堤防が破られ、人家、田畑を押し流され、被害は甚大であった。旧下灘村の被害は、家屋の流失12戸、半潰13戸、流失・荒廃田13ha、流失堤防4,700mに及んだ。この復旧工事完成には20年の歳月を費やし、明治40年頃から水田など耕作が可能となったもようである。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
双海町編「双海町誌」(双海町、1971年)、16頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 堤防決壊 下灘村
NO.
愛媛4537

よく似た災害

明治19年の台風

明治19年(1886)8月、暴風雨により、各河川の堤防が決壊し、人家や田畑が流出するなど被害は甚大であった。下灘村の被害は、家屋の流失12戸、半壊13... 続きを読む

明治32年の干ばつ

image

明治32年(1899)、大干害により、麻植郡・名西郡では麻名用水の開設促進が強く望まれ、明治39年から7年の歳月を費やして完成した。 続きを読む

昭和20年9月の洪水

昭和20年(1945)9月、洪水があったが、改修工事の完成により被害は少なかった。 続きを読む

昭和20年10月の洪水

昭和20年(1945)10月、洪水があったが、改修工事の完成により被害は少なかった。 続きを読む

明治24年の濃尾地震

明治24年(1891)10月、濃尾大地震。全国で死者7千人余の被害が出たが、徳島県には格別の被害はなかったようである。 続きを読む