明治17年の高波

災害年月日
1884年00月00日
市町村
愛媛県伊予市(双海町)
災害種類
風水害  
概要
明治17年(1884)、大津波が発生し、海岸一帯の岸壁や家屋を押し流す大惨事となった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
双海町誌編さん委員会編「双海町誌 改訂版」(双海町、2005年)、15頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
高波
NO.
愛媛4552

よく似た災害

明治17年の高波

明治17年(1884)、津波により、海岸一帯の岸壁、家屋が洗い流され、被害甚大であった。 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日の暴風雨は、関川、西谷川、浦山川などの堤防を流し、田畑、家屋を損壊し流失させた。この暴風雨災害は「銅山時化」と呼ばれる... 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日午後5時頃、地震が発生した。人々はあわてふためいて山辺の藪地に避難するが、強震のため歩行も困難だったという。人家は全く崩... 続きを読む

昭和8年の高波

昭和8年(1933)9月、愛媛県の海岸一帯を襲う津波が発生し、双海地域でも海岸被害により多数の流失家屋を出し、護岸は壊滅に近い状態になった。下灘村の被... 続きを読む

明治42年の台風

明治42年(1909)8月6日、台風による風と激浪のため、幡多一帯で出漁船の多くが遭難し、100余人の命を失う遭難史上空前の大惨事となった。 続きを読む