明治19年9月10日の洪水

災害年月日
1886年09月10日
市町村
愛媛県大洲市(長浜町)
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)9月10日、肱川の水位32.4尺、夜より暴風豪雨となり、11日に洪水氾濫した。俗に山瀬と称する出水となり、渓流あふれて山崩れを起こし、水場組の一部は居所を失い、港町に移住した。家屋の倒壊により救助ならびに小屋掛料を受けたもの数十戸に及び、田畑・船舶の損害も大きかった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
長浜町誌編纂会編「長浜町誌」(長浜町誌編纂会、1975年)、27-28頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 山瀬 水場組 移住
NO.
愛媛4562

よく似た災害

明治32年の水害

明治32年(1899)9月8日、宮川内谷川で堤防決壊1千間、住家の倒壊・半壊多数あり。罹災救助法により救助を受けたもの11戸、47人。 続きを読む

昭和40年の集中豪雨・台風24号

昭和40年(1965)9月13日~17日、集中豪雨ならびに台風24号。 続きを読む

明治32年の水害

明治32年(1899)9月8日、宮川内谷川の堤防決壊1千間。住宅の倒半壊多数あり。罹災救助法により救助を受けたもの11戸、47人。 続きを読む

明治45年の水害

明治45年(1912)9月23日、宮川内谷川の堤防決壊14箇所、延長427間、荒地14町7反歩、浸水200町歩、流失家屋6棟、倒壊家屋18棟、死者3人... 続きを読む

明治45年の水害

明治45年(1912)9月23日、宮川内谷川の堤防決壊14箇所、延長427間、荒地14町7反歩、浸水200町歩、流失家屋6棟、倒壊家屋18棟、死者3人... 続きを読む