昭和31年の突風

災害年月日
1956年01月28日
市町村
愛媛県大洲市(長浜町)
災害種類
風水害  
概要
昭和31年(1956)1月28日、突風のため、櫛生海岸でバスが海中に転落し、全員行方不明になった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
長浜町誌編纂会編「長浜町誌」(長浜町誌編纂会、1975年)、31頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
突風 櫛生海岸 バス転落 行方不明
NO.
愛媛4582

よく似た災害

大正6年5月の強風

大正6年(1917)5月8日14時過ぎから南よりの強風となり、21時20分に風向が西に転じて、にわかに暴風雨となった。この暴風のために、船舶の難破が2... 続きを読む

昭和31年12月19日の強風

昭和31年(1956)12月19日~23日、季節風のため、高松港を出発した機帆船が行方不明になったほか、直島を出発した機帆船も行方不明となった。(四国... 続きを読む

昭和27年の突風・高潮

昭和27年(1952)3月24日、県下突風、高潮。 続きを読む

昭和16年の台風

昭和16年(1941)10月1日、極めて足の速い台風が鹿児島に上陸後、進路を東北に変えて、九州、四国に大きな被害を与えた。この台風で、1日18時20分... 続きを読む

昭和29年の突風

昭和29年(1954)9月14日午前4時頃、住宅が倒壊し、下敷きになった1人が圧死した。 続きを読む