享保17年の長雨

災害年月日
1732年00月00日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
風水害  その他(長雨)  
概要
享保17年(1732)春以来、多雨。閏5月3回洪水、夏うんか発生、稲の収穫皆無。(「伊予風水害小史」による)この年後半から翌18年にかけて食糧不足が深刻とあんり、米価も蔵相場1石につき銀80匁が、18年春の地相場は銀300匁にもはねあがった。飢人、餓死者も多く、大洲城下では飢人521人、餓死者19人であった。このため、大洲・新谷藩は幕府に飢人救済を願い出た。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
長浜町誌編纂会編「長浜町誌」(長浜町誌編纂会、1975年)、237頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 洪水 餓死 伊予風水害小史
NO.
愛媛4594

よく似た災害

享保17年の長雨

享保17年(1732)6月、長雨降り続き、各地の稲にうんかが発生。「垂憲録拾遺」によると、この年の餓死者およそ3,489人、牛馬死3,907疋。9月に... 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)、長雨続きで、うんかが大発生して収穫がなく、米麦価が暴騰し、餓死者が出た。義農作兵衛が麦種を残して餓死した。領内の餓死者は3,5... 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)5月から7月まで降り続いた雨により、冷夏となり、作物は根腐をおこしはじめ、ウンカの異常発生によって、稲は大半が枯死し、鯨油を散布... 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)5月20日から7月上旬まで雨降り止まず、次いでウンカが発生した。物価が騰貴し、飢饉となり、享保17年11月19日に藩が幕府出した... 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)6月、長雨降り続き、各地の稲にうんか発生。この年松山で餓死者およそ3,489人、牛馬3,907匹。(「垂憲録拾遺」による) 続きを読む