享保17年の長雨

災害年月日
1732年00月00日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
その他(長雨)  
概要
享保17年(1732)夏の初めより長雨が降り続き、加えて6月末からウンカの大発生により、収穫皆無という惨状となった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大洲市誌編纂会編「大洲市誌」(大洲市誌編纂会、1972年)、145頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨
NO.
愛媛4635

よく似た災害

享保17年の多雨

享保17年(1732)7月、多雨が降り続き、ウンカ大発生し、稲田収穫皆無。 続きを読む

享保15年の降雹・干ばつ・長雨

享保15年(1730)5月に降雹があり、5月~6月の田植え時期には一滴の雨も降らず、7月には連日の長雨となった。さらに8月には疫病が大流行し、加えてウ... 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)、長雨によって麦が不作になり、稲はウンカのためにほとんど壊滅状態となった。松山藩では、5,705人の餓死者を出し、藩主が幕府から... 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)5月上旬より霖雨降り続き、6月に入っても止まず、7月上旬に漸く晴れ間を見せた。60日間にわたる大雨で領内一帯の河川は皆氾濫決壊し... 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)5月下旬から6月にかけて霖雨が降り続き、田畑にウンカが発生した。このため、7月中旬には伊予郡の野良には一本の青草も見られなかった... 続きを読む