明和7年の火災

災害年月日
1770年12月15日
市町村
愛媛県松山市(中島町)
災害種類
火災  
概要
明和7年(1770)10月29日、忽那島出火、146軒焼失。
地理院地図
Googleマップ
備考
忽那諸島は大洲藩と松山藩に分かれていた。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大洲市誌編纂会編「大洲市誌 上巻」(大洲市誌編纂会、1996年)、189頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 忽那島
NO.
愛媛4762

よく似た災害

明和7年の火災

明和7年(1770)10月29日、忽那島出火、146軒焼失。 続きを読む

明和7年の火災

明和7年(1770)10月29日、忽那島出火、146軒焼失。(大洲領の災害) 続きを読む

明和元年の火災

明和元年(1764)11月29日、海部郡の民家より出火、家数116軒焼失、巳刻鎮火。(「徳島県史料年表」による) 続きを読む

明和元年の火災

明和元年(1764)11月29日、海部郡の民家より出火、家数116軒焼失、巳刻鎮火。(「徳島県史料年表」による) 続きを読む

明和7年の火災

明和7年(1770)12月26日、山手代町から出火、新立まで焼失する。また、同夜、北清水町からも出火し、鉄砲屋町東詰で止まる。侍屋敷11、徒士以下の家... 続きを読む