昭和37年の長雨

災害年月日
1962年06月00日
市町村
愛媛県西予市(城川町)
災害種類
その他(長雨)  
概要
昭和37年(1962)6月、長雨により、麦の被害甚大。対策協議会を設置。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
城川町誌編集委員会編「城川町誌」(城川町、1976年)、281頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨
NO.
愛媛4994

よく似た災害

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)4月7日から6月20日まで、降雨が続いた。このため、麦は一粒も実らない所もあり、水田はイモチ病がはびこった。村では長雨被害対策協... 続きを読む

昭和37年の長雨

昭和37年(1962)4月~6月の長雨により、麦作被害甚大。5月・6月の降水量442.9ミリ(波止浜測候所調)。 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)5月9日、長雨のため、農作物の被害甚大。(「内子町のあゆみ」による) 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)5月から6月にかけて長雨が続き、県下の農水産物の被害55億円、このうち麦の被害28億円。天災融資法が適用される。 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)6月、長雨による農作物の被害は甚大であった。天災融資法の適用を受けた。 続きを読む