天明7年の洪水

災害年月日
1787年04月00日
市町村
愛媛県西予市(野村町)
災害種類
風水害  
概要
天明7年(1787)3月、4月、6月、8月の4ヶ月に5回の洪水があり、麦の収穫がなく、多くの田畑が流失し、大凶作となった。(「野村町郷土誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
野村町誌編纂委員会編「野村町誌」(野村町、1997年)、50頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 凶作 野村町郷土誌
NO.
愛媛5032

よく似た災害

天明4年の洪水・干ばつ

天明4年(1784)、洪水、干ばつにより不作となった。天明の大凶作・飢饉。(「田野村誌」等による) 続きを読む

享保7年の洪水

享保7年(1722)、風雨、洪水により、田畑損害大。(「野村町郷土誌」による) 続きを読む

元禄7年の洪水

元禄7年(1694)5月、大洪水により、宇和島藩で田畑損害500ha余。(「野村町郷土誌」による) 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月、大地震により、道後温泉が一時出なくなった。(「野村町郷土誌」による) 続きを読む

元禄15年の洪水

元禄15年(1702)、大洪水により、田畑が流失した。本根川の田畑のうち約2割が流失したようである。 続きを読む