昭和18年の洪水

災害年月日
1943年07月21日
市町村
愛媛県西予市(野村町)
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月21日~24日、台風による暴風雨のため大洪水となり、田畑、家屋、橋、道路などの流失損壊が続出し、大被害を受けた。渓筋での降水量は4日間で905ミリに達した。渓筋・野村の被害が特に大きかったようであり、中筋から渓筋、野村に対してそれぞれ見舞金200円、300円が贈られた。(「野村町郷土誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
野村町誌編纂委員会編「野村町誌」(野村町、1997年)、47頁及び50頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 渓筋 見舞金 野村町郷土誌
NO.
愛媛5037

よく似た災害

天保14年の洪水

天保14年(1843)7月7日朝より翌朝まで大雨が降り、勝浦郡では洪水により流家何百軒か数知れず、死人は田野浦村だけでも50人ほどもいたようである。徳... 続きを読む

明治37年の台風

明治37年(1904)8月31日、台風が室戸岬に上陸し、県内を通り姫路に北上した。強風はなかったが、日雨量が350ミリに達した所があった。干天が続いた... 続きを読む

昭和27年3月の強風

昭和27年(1952)3月23日~25日、強風により、20.5m/秒を記録。高潮による海岸部の被害がかなり大きかったようである。(「愛媛県史」、宇和島... 続きを読む

康安元年/正平16年の地震

康安元年/正平16年(1361)6月24日、M8.4の地震が起こり、兵庫県・徳島県方面の津波被害が特に大きく、流失家屋、死者が多かったようである。土佐... 続きを読む

康安元年/正平16年の地震

康安元年/正平16年(1361)6月24日、M8.4の地震が起こり、兵庫県・徳島県方面の津波被害が特に大きく、流失家屋、死者が多かったようである。土佐... 続きを読む