昭和62年の大雨

災害年月日
1987年07月14日
市町村
愛媛県西予市(宇和町)
災害種類
風水害  
概要
昭和62年(1987)7月14日から20日にかけて、388ミリの大雨が降った。特に18日午前4時から5時までの1時間に68ミリという大雨を記録した。このため、被害は家屋半壊1棟をはじめ、被害総額は8億2,000万円にのぼった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宇和町誌編纂委員会編「宇和町誌 Ⅱ」(宇和町、2001年)、310頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨
NO.
愛媛5068

よく似た災害

昭和29年4月5日の大雨

昭和29年(1954)4月5日、低気圧が四国南岸を通過したため大雨となった。野根で219ミリ、窪川で183ミリの大雨を記録した。佐喜浜で浸水200戸、... 続きを読む

昭和36年10月6日の大雨

昭和36年(1961)10月6日、寒冷前線を伴う低気圧が通過したため、県中部地区で夕方から夜半にかけて雷雨を伴う集中豪雨があった。大豊村では21時から... 続きを読む

昭和36年7月の大雨

昭和36年(1961)7月24日、熱帯低気圧が九州西方を北上したため、県中央部で大雨となった。24日夜から25日朝の雨は地蔵寺で213ミリ、天坪で20... 続きを読む

平成5年10月の大雨

平成5年(1993)10月28日から29日にかけて、東シナ海から移動してきた低気圧が発達しながら西日本の日本海側を通過し、29日午後6時40分に高知県... 続きを読む

昭和63年の大雨

昭和63年(1988)6月24日午前3時から25日午前3時までの24時間の降水量は199.5ミリを記録し、24日午後8時~9時までの1時間雨量は68ミ... 続きを読む