昭和18年の台風

災害年月日
1943年07月21日
市町村
愛媛県八幡浜市
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月21日~24日の800ミリを越す記録的な暴風雨により、堤防は至る所で決壊した。日土では喜木川が氾濫し役場が流され、五反田でも元井橋から神山の方に流れ、清滝橋が流失し、千丈川も溢れ、新開町、木多町、おかされ橋を流し、駅前から昭和通り付近は一面の沼となった。古町、広瀬も軒先まで浸水し、明治橋を越す水は橋のたもとをえぐり、他の橋はことごとく流失した。一方、波浪による海岸の被害は甚だしく、道路が決壊し、荒磯と化し各所で寸断された。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
八幡浜市誌編纂会編「八幡浜市誌」(八幡浜市誌編纂会、1975年)、76-77頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 堤防決壊 喜木川 千丈川
NO.
愛媛5075

よく似た災害

昭和18年の豪雨

昭和18年(1943)7月21日~24日、700ミリを越す記録的な豪雨となり、河川の堤防は各所で決壊した。日土では喜木川が氾濫、役場が流され、五反田川... 続きを読む

文政9年の台風

文政9年(1826)秋、台風により、郷東の香西道の北堤防が50間決壊し、東新開の耕地2町歩、民家3戸流失、7戸が浸水した。また、海岸堤防は50間決壊し... 続きを読む

寛政3年の台風

寛政3年(1791)8月20日、台風、洪水により、弦打村では飯田の東川原で堤防が60間決壊し、耕地5町歩と民家1戸が流失、3戸が浸水した。北部では徳栄... 続きを読む

明治29年8月の台風

明治29年(1896)8月30日の暴風雨で、阿讃山脈南斜面の降雨量は132ミリとなり、大谷川が氾濫、午前4時頃、現在の役場付近から南へ約540mの堤防... 続きを読む

昭和18年の台風

昭和18年(1943)7月21日~24日、台風により、宮内村では堤防の決壊、家屋の倒壊・埋没・浸水・流失、田畑の浸水・流失の被害が出た(「宮内村日誌」... 続きを読む