大正6年の雪

災害年月日
1917年00月00日
市町村
愛媛県八幡浜市
災害種類
雪害  
概要
大正6年(1917)、前年12月から4月まで、雪が積もっては消えを繰り返した。薪もなくなり、春桑がだめになり、日土、千丈では春蚕の掃き立てに困った。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
八幡浜市誌編纂会編「八幡浜市誌」(八幡浜市誌編纂会、1987年)、39頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
雪 日土 千丈
NO.
愛媛5095

よく似た災害

大正6年の雪

大正6年(1917)、前年12月から4月まで、雪が積もっては消えを繰り返した。薪もなくなり、春桑がだめになり、日土、千丈では春蚕の掃き立てに困った。 続きを読む

明治6年の干ばつ

明治6年(1873)春から雨がなく、田植えに困った。 続きを読む

明治6年の干ばつ

明治6年(1873)春から雨がなく、田植えに困った。(「仲多度郡史」による) 続きを読む

昭和3年8月29日の台風

昭和3年(1928)8月28日午後10時頃から暴風雨となり、30日午前10時20分には吉野川樋門で24尺を観測した。水稲は穂孕期に二昼夜以上冠水し、結... 続きを読む

昭和3年8月29日の水害

昭和3年(1928)8月28日午後10時頃、暴風雨となり、29日に開催予定の納涼博覧会の施設は滅茶滅茶に破壊された。30日午前10時20分には吉野川樋... 続きを読む