昭和28年の豪雨

災害年月日
1953年06月25日
市町村
愛媛県八幡浜市(保内町)
災害種類
風水害  
概要
昭和28年(1953)6月25日に梅雨前線が活発になり、26日にかけて豪雨となった。27日やや小降りとなったが、28日午後から再び大雨となり近年稀な被害を起こした。総降水量は南予で最高500ミリに達した所もあった。(「愛媛県史概説」による)宮内村では、26日に宮内川の一部が危険になり、応急対策として土俵を積み警戒にあたった。枇杷谷橋が流失した。(「宮内村日誌」による)喜須来村では、26日に喜木川が危険になった。喜木川支流の新川須川奥堤防が決壊し、床下浸水150戸。(「喜須来村日誌」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
保内町誌編集委員会編「保内町誌」(保内町、1973年)、34-35頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
梅雨前線 豪雨 宮内村 喜須来村
NO.
愛媛5112

よく似た災害

昭和28年の豪雨

昭和28年(1953)6月25日に梅雨前線が活発になり、26日にかけて豪雨となった。27日やや小降りとなったが、28日午後から再び大雨となり近年稀な被... 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日午後9時頃、ルース台風により暴風雨となり、10時半~11時頃に最高潮に達した。喜須来村では、家屋の全壊9戸、半壊20... 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日午後9時頃、ルース台風により暴風雨となり、10時半~11時頃に最高潮に達した。喜須来村では、家屋の全壊9戸、半壊20... 続きを読む

昭和18年の台風

昭和18年(1943)7月21日~24日、台風により、宮内村では堤防の決壊、家屋の倒壊・埋没・浸水・流失、田畑の浸水・流失の被害が出た(「宮内村日誌」... 続きを読む

昭和26年の豪雨

昭和26年(1951)7月12日から15日にかけて、梅雨前線が特に活発になり、強雨が続き、県下全般に大水害を受けた。(「愛媛県史概説」による)宮内村で... 続きを読む