昭和38年の長雨

災害年月日
1963年04月28日
市町村
愛媛県八幡浜市(保内町)
災害種類
風水害  その他(長雨)  
概要
昭和38年(1963)4月28日からの連続降雨が梅雨につながり、7月中旬まで長雨となった。愛媛県土木10年史によると、県の農林水産関係損害額37億円、土木関係損害見積額1,700万円となった。保内町では、麦類は被害面積58.6ha、減収量77.4トン、被害金額335万円余で、夏柑は被害面積200ha、減収量2,401トン、被害金額9,600万円にのぼり、農作物の被害が甚大なため、天災融資法の適用を受けた。(町産業課資料による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
保内町誌編集委員会編「保内町誌」(保内町、1973年)、35頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 梅雨 天災融資法
NO.
愛媛5113

よく似た災害

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)4月28日からの連続降雨が梅雨につながり、7月中旬まで長雨となった。愛媛県土木10年史によると、県の農林水産関係損害額37億円、... 続きを読む

昭和58年の干ばつ

昭和58年(1983)7月18日~8月27日、無降雨状態が続き、8月23日に伊方町は干害対策本部を設置。伊方町の被害は、樹体被害面積798ha(栽培面... 続きを読む

昭和38年4月の長雨

昭和38年(1963)4月28日から7月中旬までの長雨により、麦は明治以来の不作となり、柑橘、野菜にも大被害が出た。農林水産関係損害見積額37億円、土... 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)4月28日からの連続降雨が梅雨につながり、7月中旬まで長雨となった。県下最大日雨量は6月13日に大森山で168ミリであった。麦は... 続きを読む

昭和45年の長雨

昭和45年(1970)4月~7月中旬の長雨により、徳島県でも水稲、麦類、野菜、果樹等に大きな被害が出た。被害面積は16,400ha、被害金額は29億2... 続きを読む