昭和35年の大雪

災害年月日
1960年12月29日
市町村
愛媛県八幡浜市(保内町)
災害種類
雪害  
概要
昭和35年(1960)12月29日から翌36年1月4日まで、大雪が降り続き、強風を伴い、中南予一帯に損害をもたらした。南予地方の陸海の交通は4日まで途絶えた。西宇和郡を中心に夏柑の被害が大であった。(気象台資料による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
保内町誌編集委員会編「保内町誌」(保内町、1973年)、37頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪
NO.
愛媛5114

よく似た災害

昭和35年の大雪

昭和35年(1960)12月29日から翌36年1月4日まで7日間降り続いた大雪は、強風を伴い、中南予一帯に損害をもたらした。南予地方の陸海の交通は4日... 続きを読む

昭和36年の雪

昭和36年(1961)1月1日~4日、積雪により、西宇和郡を中心に夏柑に大被害。約1億8千万円の損害があった。(気象台資料(愛媛県土木10年史)による... 続きを読む

昭和55年の大雪・低温

昭和55年(1980)12月28日から30日にかけて、顕著な冬型の気圧配置が続き、県西部と山間部を中心に大雪となった。30日の積雪は梼原で60cm、大... 続きを読む

昭和43年の大雪

昭和43年(1968)2月15日、県下各地の風雪のため、平地部で10~30cm、山間部で50cmを越える積雪があり、鉄道の交通は一時途絶し、送配電線、... 続きを読む

昭和43年2月の大雪

昭和43年(1968)2月15日、低気圧が発達しながら四国沖を通過し、九州から関東にまたがる各地に記録的な大雪を降らせた。徳島の最深積雪は19cmであ... 続きを読む