昭和9年の室戸台風

災害年月日
1934年09月21日
市町村
愛媛県八幡浜市(保内町)
災害種類
風水害  
概要
昭和9年(1934)9月21日午前5時、室戸台風は室戸岬に上陸した。室戸測候所で5時10分に最低気圧648ミリを記録した。これは陸上で観測された最低気圧の世界記録であった。(気象台資料による)県下の被害は、死者31人、家屋の倒壊227軒、浸水6,314軒、砕破船409隻、その他果樹被害を加えて被害額450万円に達した。稀有の災害で、弘化3年(1846)の災禍に匹敵する。(「愛媛県誌」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
保内町誌編纂委員会編「改訂版 保内町誌」(保内町、1999年)、37頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
室戸台風 死者 愛媛県誌
NO.
愛媛5135

よく似た災害

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日午前5時、台風は室戸岬に上陸した。室戸測候所で5時10分に最低気圧648ミリを記録した。これは陸上で観測された最低気圧の... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月20日夜より暴風雨の状態となり、翌21日午前5時30分に至り風速30mの台風に暴雨を交え、そのすさまじきこと形容すべからず、樹... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日5時、台風は室戸岬の西方に上陸した。室戸岬測候所では5時10分に最低気圧648ミリを観測した。この気圧は陸上で観測された... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月17日~21日、室戸台風が室戸岬に上陸し、最低気圧684ミリの世界新を記録した。県下の死者は28人に及び、三崎町でも被害が大き... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が来襲、室戸岬測候所で最低気圧684ミリの世界新記録。県下の被害は死者28人、家屋の全壊85戸、半壊71戸、道... 続きを読む