天明8年の洪水

災害年月日
1788年06月21日
市町村
愛媛県八幡浜市(保内町)
災害種類
風水害  
概要
天明8年(1788)5月18日より6月14日まで、大雨、洪水により、田331町、畑17町破損。この年より5カ年、家中の知行は5割引きとなった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
保内町誌編纂委員会編「改訂版 保内町誌」(保内町、1999年)、372頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 洪水
NO.
愛媛5204

よく似た災害

享保6年の洪水

享保6年(1721)閏7月14日から15日にかけて、石手川の洪水の被害が甚大で、家中の侍の過半数が水防のため出動したほどであった。この年の洪水による被... 続きを読む

天明2年の洪水

天明2年(1782)5月、洪水により、阿波国南部で災害。天明2年より天明6年まで洪水のため、毎年稲作被害を蒙り、飢饉となった。(「徳島県災異誌」、「徳... 続きを読む

天明8年の洪水

天明8年(1788)7月22日から25日、大雨・洪水。この年は雨年で、5月からよく降り、土用の頃も降り続き、7月、8月、9月は月のうち20日は雨で収穫... 続きを読む

天明8年7月の洪水

天明8年(1788)7月16日より、洪水により、田286町余、畑34町余破損(宇和島領)。 続きを読む

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)7月4日、大洲で甚だしい雨、疾風により大水が出て、城廻の石垣100間ほど突き崩し、そのほか家中の家々並びに民屋大半破損した。/(「... 続きを読む