昭和20年の台風19号

災害年月日
1945年10月02日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
風水害  
概要
昭和20年(1945)10月3日、台風19号により、朝方から降雨となり、8時頃から10時の間が大雨となり、水害を受けた。また、役場建物は10月17日お風害により、瓦がないため事務中止となった。(「伊方村日誌」による)伊方町の総降水量157.5ミリ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌編集委員会編「伊方町誌」(伊方町、1968年)、36頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 伊方村日誌
NO.
愛媛5286

よく似た災害

昭和18年9月の台風

昭和18年(1943)9月20日、台風により、伊方村では午前10時頃から暴風雨となり、総降水量は455ミリとなった。(伊方観測所記録による) 続きを読む

昭和40年の台風24号

昭和40年(1965)の台風24号により9月13日から降り出した豪雨は、14日朝から集中豪雨となり5日間降り続いた。このため、河川の増水、堤防決壊、土... 続きを読む

昭和26年ルース台風

昭和26年(1951)10月14日午後9時頃より暴風雨となり、10時30分~11時頃に最高に達し、伊方小学校の講堂が倒壊。(「伊方村日誌」による)また... 続きを読む

昭和20年10月の台風

昭和20年(1945)10月3日、台風により、伊方村では8時頃から10時まで大雨となり、水害を受けた。また、10日夜北風強く大雨降り続き、午後やや弱く... 続きを読む

昭和30年の台風23号

昭和30年(1955)10月3日夜半頃から、台風23号の来襲により暴風雨となった。4日午前6頃、台風は伊方村付近を通過し、中国の西部に進んだ。午後7時... 続きを読む