大正12年の豪雨

災害年月日
1923年07月11日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
風水害  
概要
大正12年(1923)7月11日から12日にかけて、梅雨前線が低気圧に刺激されて活発になり、県下に豪雨をもたらした。(「愛媛県史概説」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌編集委員会編「伊方町誌」(伊方町、1968年)、46頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 梅雨前線 愛媛県史概説
NO.
愛媛5336

よく似た災害

大正4年の豪雨

大正4年(1915)6月24日、低気圧が北上して県下に豪雨をもたらし、肱川流域で200ミリ以上の降水があったが、被害の詳細は不明。(「愛媛県史概説」に... 続きを読む

昭和8年の豪雨

昭和8年(1933)4月25日~26日に、低気圧が瀬戸内付近に豪雨をもたらした。松山周辺で、降水量は150ミリに達した。(「愛媛県史概説」による) 続きを読む

昭和31年の豪雨

昭和31年(1956)6月30日から7月1日にかけて、梅雨前線の活動が活発になり、豪雨のため、かなりの被害があった。(「愛媛県史概説」による) 続きを読む

昭和2年の豪雨

昭和2年(1927)8月26日、本州を東西に走る不連続線の活動が活発になり、26日夜から27日朝にかけて県下全体に雷雨性の豪雨があった。石鎚山系の総降... 続きを読む

昭和32年の豪雨

昭和32年(1957)7月2日、西日本に停滞していた梅雨前線の活動が活発になり、100ミリ前後の雨があり、水害が出た。(「愛媛県史概説」による) 続きを読む