明治26年の台風

災害年月日
1893年10月14日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
風水害  
概要
明治26年(1893)10月14日、台風により、宇和島の総降水量192ミリ、四国地方の被害甚大。(「愛媛県史概説」等による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌改訂編集委員会編「伊方町誌 改訂」(伊方町、1987年)、42頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 愛媛県史概説
NO.
愛媛5414

よく似た災害

明治26年の台風

明治26年(1893)10月14日、台風により、雨量192ミリを記録。四国地方の被害甚大、特に東予地方甚だし。両陛下、片岡侍従を差し遣わし視察せらる。... 続きを読む

明治26年の台風

明治26年(1893)10月14日、台風が豊後水道から東方に進み、東予地方の被害が甚大であった。(「愛媛県史概説下巻」による) 続きを読む

明治31年の台風

明治31年(1898)8月29日~9月3日、台風により、南予の総降水量200ミリ~400ミリ。被害の詳細不明。(「愛媛県史概説」等による) 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)9月22日、宇和島付近に台風が上陸し、南予地方の被害甚大。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」等による) 続きを読む

明治15年の台風

明治15年(1882)8月15日、四国で暴風、洪水。(「愛媛県史概説」等による) 続きを読む