明治35年の台風

災害年月日
1902年09月08日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
風水害  
概要
明治35年(1902)9月8日、台風により、松山で最大風速10.7m、県下全般に暴風雨に見舞われた。(「愛媛県史概説」等による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌改訂編集委員会編「伊方町誌 改訂」(伊方町、1987年)、42頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 愛媛県史概説
NO.
愛媛5421

よく似た災害

明治35年の台風

明治35年(1902)9月7日22時、台風は宮崎付近に上陸し、そのまま北に進んで日本海に出た。県下全般に暴風雨に見舞われた。(「愛媛県史概説」による)... 続きを読む

明治29年の台風

明治29年(1896)8月18日、台風は豊後水道沖より足摺岬に上陸し、瀬戸内、松江付近を通り、日本海に去った。県下は全般に暴風雨に見舞われ、被害多かっ... 続きを読む

明治3年の台風

明治3年(1870)10月1日、暴風雨により被害多し、吉田藩内の落雷157箇所、溺死8人。(「愛媛県史概説」等による) 続きを読む

明治15年の台風

明治15年(1882)8月15日、四国で暴風、洪水。(「愛媛県史概説」等による) 続きを読む

明治18年の台風

明治18年(1885)6月17日、暴風雨のため、嘉喜尾小学校が大破した。(「愛媛県史概説」等による) 続きを読む