昭和35年の強風・大雪

災害年月日
1960年12月29日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
雪害  
概要
昭和35年(1960)12月29日~1月4日、強風と大雪。予讃線の列車と南予のバスは30日頃から混乱し、1月3日より一部で復旧し、5日に平常に戻った。西宇和郡の夏柑被害大、最深積雪は伊方で52cm。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌改訂編集委員会編「伊方町誌 改訂」(伊方町、1987年)、55頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
強風 大雪
NO.
愛媛5538

よく似た災害

昭和35年の強風・大雪

昭和35年(1960)12月29日~1月4日、強風と大雪。強風の被害は県全般に及び、雪害は中南予で起こった。予讃線の列車と南予のバスは30日から混乱し... 続きを読む

昭和34年の強風・大雪

昭和34年(1959)1月15日~18日、強風と大雪。最大風速は、16日に佐田岬で23.7m、17日に宇和島で21.7m。海陸交通船団、列車止まる。果... 続きを読む

昭和37年6月24日の大雨

昭和37年(1962)6月24日、梅雨前線により、大雨、洪水となった。県下最大日雨量は21日に御荘で240ミリであった。南宇和郡、西宇和郡で被害が出た... 続きを読む

昭和36年の雪

昭和36年(1961)1月1日~4日、積雪により、西宇和郡を中心に夏柑に大被害。約1億8千万円の損害があった。(気象台資料(愛媛県土木10年史)による... 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)、大雪のため、積雪は宇和島で15cm、宇和町で24cm。 続きを読む