明治42年の台風

災害年月日
1909年08月06日
市町村
愛媛県伊方町(瀬戸町)
災害種類
風水害  
概要
明治42年(1909)8月6日、台風により、宇和海方面で特に被害甚大。南予の漁民が操業中に死者11人、重傷12人の被害が出た。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
瀬戸町誌編集委員会編「瀬戸町誌」(瀬戸町、1986年)、57頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者
NO.
愛媛5566

よく似た災害

明治42年の台風

明治42年(1909)8月6日、台風により、宇和海方面で特に被害甚大。南予の漁民操業中、死者11人、重傷12人。(「愛媛県史」による) 続きを読む

明治42年の台風

明治42年(1909)8月6日、台風により、宇和海方面の被害甚大。南予漁民操業中に死者2人、重傷2人。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革... 続きを読む

明治42年の台風

明治42年(1909)8月、暴風雨により、高知県南西部沿岸にサンゴ漁に出ていた漁船が遭難漂流し、郡内漁民15人が死亡、53人が行方不明というこの地方最... 続きを読む

明治42年の台風

明治42年(1909)8月6日6時、台風が宮崎の北方に上陸した。前日快晴の天気に恵まれて多くの漁船が出漁したが、台風による天気急変で多くの漁民が遭難し... 続きを読む

平成13年の芸予地震

平成13年(2001)3月24日、M6.7の芸予地震により、広島県や愛媛県中予・東予を中心に死者2人、負傷者287人の被害が出た。宇和島では震度5弱を... 続きを読む