昭和2年の台風

災害年月日
1927年08月29日
市町村
愛媛県伊方町(瀬戸町)
災害種類
風水害  
概要
昭和2年(1927)8月29日、台風により、各地の防波堤が崩壊、河川氾濫特に甚だし。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
瀬戸町誌編集委員会編「瀬戸町誌」(瀬戸町、1986年)、58頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 堤防崩壊 洪水
NO.
愛媛5573

よく似た災害

昭和3年8月の台風

昭和3年(1928)8月29日、台風により、風速30m/秒、雨量200ミリを記録。各地の防波堤崩壊、河川氾濫特に甚だし。(「愛媛県史」、宇和島測候所の... 続きを読む

昭和3年の台風

昭和3年(1928)8月29日~30日、台風により、防波堤の破損・崩壊、河川の氾濫など特に甚だし。(「町見郷土誌」による) 続きを読む

昭和30年の台風22号

昭和30年(1955)9月29日、台風22号が来襲し、江尻海岸の防波堤が決壊した。 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)11月20日、伊勢湾台風(台風15号)により、白鳥港、須賀海岸の防波堤が崩壊。激波のため無数の鳥貝が海岸が打ち上げられた。(「香... 続きを読む

昭和10年の台風

昭和10年(1935)8月28日、暴風雨、高波により、伊豆川護岸94m、瑞祥川護岸106m、南港防波堤85m、北港防波堤23m、北港船溜護岸51m、平... 続きを読む