昭和10年の長雨

災害年月日
1935年06月26日
市町村
愛媛県伊方町(瀬戸町)
災害種類
風水害  
概要
昭和10年(1935)6月26日、霖雨により、被害は特に南予地区で甚だしく、県下で死者4人、家の倒壊7戸、浸水363戸、道路69箇所、田畑浸水2,930町歩に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
瀬戸町誌編集委員会編「瀬戸町誌」(瀬戸町、1986年)、58頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 死者
NO.
愛媛5576

よく似た災害

昭和10年6月の長雨

昭和10年(1935)6月26日~30日、霖雨により、被害は特に南予地区で甚だしく、県下で死者4人、家の倒壊7戸、浸水363戸、道路69箇所、田畑浸水... 続きを読む

昭和25年のジェーン台風

昭和25年(1950)9月3日、ジェーン台風により、那賀川では午前7時頃より風雨が強くなり、古毛では最高水位7.448m(計画高水位7.185m)、ピ... 続きを読む

昭和18年の台風

昭和18年(1943)7月24日、台風により大洲・喜多郡内では至る所で水害、山津波等に見舞われた。被害は、死者46人、家屋の倒壊678戸、半壊345戸... 続きを読む

昭和37年の6月~7月の長雨

昭和37年(1962)6月から7月上旬にかけて、長雨が続いた。被害は半壊1戸、床上浸水8戸、床下浸水159戸、田流失1町、冠水953町、畑69町、道路... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、潮岬の南南西役50kmの沖合で大地震が起こり、海岸地帯には大津波が来襲した。理科年表によると、幡多郡... 続きを読む