昭和20年の枕崎台風

災害年月日
1945年09月17日
市町村
愛媛県伊方町(瀬戸町)
災害種類
風水害  
概要
昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風のため、松山気象台では創立以来の最強風力となり、県下の被害は甚大であった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
瀬戸町誌編集委員会編「瀬戸町誌」(瀬戸町、1986年)、58頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
枕崎台風
NO.
愛媛5580

よく似た災害

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、強風により各戸ともほとんどの屋根が飛んだ。フェーン現象により稲作被害甚大。釜ノ口堰が45間流失、果樹被害が甚大であっ... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日19時過ぎ、台風16号(枕崎台風)が来襲し、18日には家屋の全壊・半壊、船舶・宅地の流失、稲作・その他農作物・樹木の折... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風が枕崎に上陸後、愛媛県の北西端を経て能登半島の東方に去った。県下の被害は、死者159人、負傷者328人、行方... 続きを読む

昭和13年5月の強風

昭和13年(1938)5月15日~16日、強風のため、県下の被害は大であった。 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日~18日、枕崎台風により、豊浜・和田地区でもかなりの風水害があった。特に農作物の被害が大きく、稲作の減収が多大で、正月... 続きを読む