昭和29年1月の暴風

災害年月日
1954年01月24日
市町村
愛媛県伊方町(瀬戸町)
災害種類
風水害  高潮  
概要
昭和29年(1954)1月24日、暴風により、沿岸地区では満潮時に髙波と高潮が重なり、かなりの災害を受けた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
瀬戸町誌編集委員会編「瀬戸町誌」(瀬戸町、1986年)、59頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
暴風 髙波 高潮
NO.
愛媛5583

よく似た災害

昭和29年の暴風

昭和29年(1954)1月24日、暴風により、23.8m/秒を記録。沿岸地区では満潮時に高波と高潮のため、かなりの被害を受けた。(「愛媛県史」、宇和島... 続きを読む

昭和29年1月の強風

昭和29年(1954)1月24日~25日、季節風と満潮時の高潮が重なり、海岸地帯で被害が生じた。 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)8月15日~16日、台風により、新居浜で最大風速22.8m、海上は大しけでかなりの災害を受けた。(「愛媛県史概説」等による) 続きを読む

昭和34年の台風6号

昭和34年(1959)8月8日、台風6号により、県下の大部分は豪雨となり、かなりの被害を受けた。 続きを読む

昭和27年7月2日の豪雨

昭和27年(1952)7月2日~3日、梅雨前線が停滞し活発な活動をしたため、西日本各地でかなりの豪雨があり、愛媛県でも相当の災害を受けた。 続きを読む