昭和9年の室戸台風

災害年月日
1934年09月17日
市町村
愛媛県伊方町(三崎町)
災害種類
風水害  
概要
昭和9年(1934)9月17日~21日、室戸台風が室戸岬に上陸し、最低気圧684ミリの世界新を記録した。県下の死者は28人に及び、三崎町でも被害が大きかった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三崎町誌編集委員会編「三崎町誌」(三崎町、1985年)、24頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
室戸台風 死者
NO.
愛媛5643

よく似た災害

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月14日、第二室戸台風により、三崎町でも被害が大きかった。昭和9年の室戸台風と同じコースをたどった。 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風による県下の被害は未曾有であった。土佐山田町でも電線、道路、家屋の倒壊、人的被害も大きかったが、具体的な資料は... 続きを読む

昭和46年の台風19号

昭和46年(1971)8月5日、台風19号により、県下の被害総額は35億円以上に達した。三崎町でも被害が大きかった。 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月27日、台風17号により、県下の被害総額は550億円を超えた。三崎町でも被害が大きかった。 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日午前5時、室戸台風が奈半利町と羽根村の境付近に上陸し、5時10分には低気圧の世界記録である911.6ミリバール、瞬間風速... 続きを読む