享保17年の長雨

災害年月日
1732年06月00日
市町村
愛媛県伊方町(三崎町)
災害種類
風水害  その他(長雨)  
概要
享保17年(1732)5月頃から降り続いた雨は、麦の成熟・収穫期とも重なって農作物に大きな影響を与えた。田植えは行われたが、長雨による河川の氾濫、田地の流失が繰り返された。さらに日照時間の不足による低温、病害、いなごの異常発生などで収穫はほとんど皆無となった。伊達家文書「御歴代事記」には、「五月より閏五月迄之内、大雨三度、洪水御破損、田畑合七百三十六町二反六畝十六歩」などと記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三崎町誌編集委員会編「三崎町誌」(三崎町、1985年)、132頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 濃い 収穫皆無 御歴代事記
NO.
愛媛5678

よく似た災害

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)5月、月間の雨天日数が20~25日に達したため、被害は死者1人、家屋全壊2戸、半壊1戸、田冠水320町、畑61町、山崩れ14箇所... 続きを読む

明治24年の台風

明治24年(1891)9月14日、台風が長崎に上陸後、日本海に抜ける。(「高知県災害異誌」による)暴風雨甚だしく、稲作はほとんど皆無となり、種籾にも苦... 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)夏の初めより長雨が降り続き、加えて6月末からウンカの大発生により、収穫皆無という惨状となった。 続きを読む

享保17年の長雨

image

享保17年(1732)5月から降り始めた雨は、麦の成熟・収穫期と重なって農作物に大きな影響を与えた。降雨は5月、6月、7月と続き、河川の氾濫、田地の流... 続きを読む

大正11年の干ばつ

大正11年(1922)、干ばつのため、一宮村、三名村、鹿角村の三か村のほとんどの水田が収穫皆無となった。 続きを読む