安永8年の桜島噴火

災害年月日
1779年11月08日
市町村
愛媛県西予市(三瓶町)
災害種類
火山災害  
概要
安永8年(1779)10月1日、桜島が噴火し、降灰がおびただしかった。古文書によれば、「紀州熊野、土佐海辺、尾州、関東辺、及江戸、小灰降事雪の如し、是桜島燃灰也」とある。三瓶町でも降灰の災から免れ得なかったものと考えられる。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三瓶町誌編さん委員会編「三瓶町誌 上巻」(三瓶町、1983年)、117-118頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
桜島噴火 降灰
NO.
愛媛5680

よく似た災害

大正3年の桜島噴火

大正3年(1914)1月12日、桜島噴火による地震と降灰、火山灰のため須崎でも木の葉が白くなった。 続きを読む

大正3年の桜島噴火

大正3年(1914)1月12日、桜島噴火により地震と降灰。戸波村誌には「夕方間断ない大音、戸障子鳴る。火山灰のため当地でも木の葉が白くなった」と記され... 続きを読む

安永8年の桜島噴火

安永8年(1779)10月1日、桜島噴火により、夜11時頃から灰のような砂が降り始め、翌2日頃まで降った。佐喜浜から羽根まで大いに降り、その他は少し降... 続きを読む

大正3年の桜島噴火

大正3年(1914)1月12日、桜島噴火により、県内で降灰のところあり。戸波村誌には「夕方間断ない大音、戸障子鳴る」と記されている。 続きを読む

大正3年の桜島噴火

大正3年(1914)1月3日、桜島の噴火により降灰。 続きを読む