大正10年6月の豪雨

災害年月日
1921年06月14日
市町村
愛媛県大洲市、宇和郡
災害種類
風水害  
概要
大正10年(1921)6月14日~17日、豪雨により、雨量300~400ミリを記録、大洲平野は泥海となる。宇和郡では刈り取り後の麦が長雨のため腐る。(「愛媛県史」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三瓶町誌編さん委員会編「三瓶町誌 上巻」(三瓶町、1983年)、151頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨
NO.
愛媛5782

よく似た災害

昭和5年の長雨

昭和5年(1930)10月、長雨が1ヶ月以上続き、晩稲の大半は刈り取り後発芽した。 続きを読む

大正9年6月の豪雨

大正9年(1920)6月27日、豪雨により、八幡浜、宇和島方面に集中被害。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」等による) 続きを読む

昭和36年10月の集中豪雨

昭和36年(1961)10月27日、集中豪雨のため、宮川内谷川が氾濫、洪水により、刈り取り後の干架の稲束が多量に流失した。徳島市、小松島市、上板町に災... 続きを読む

昭和9年6月の台風

昭和9年(1934)6月6日、大風により刈り取り直前の麦の倒伏に加えて、タバコ、梨に大きな被害が出た。 続きを読む

大正15年7月の豪雨

大正15年(1926)7月3日、豪雨により、雨量100ミリを記録。床下浸水、ため池決壊、土砂埋没等あり。(「愛媛県史」、宇和島測候所の記録による) 続きを読む