昭和13年の豪雨

災害年月日
1938年07月31日
市町村
愛媛県西予市(明浜町)
災害種類
風水害  
概要
昭和13年(1938)7月31日、豪雨により、県下の死者22人、家屋倒壊77戸、田畑流失被害甚大。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」等による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
明浜町誌編纂委員会編「明浜町誌」(明浜町、1986年)、19頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 死者
NO.
愛媛5982

よく似た災害

明治18年の豪雨

明治18年(1885)10月15日、4日間連続豪雨。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」等による) 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)7月27日~8月30日、雨量なく、農作物の被害甚大。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」等による) 続きを読む

昭和56年の豪雪

昭和56年(1981)1月5日、昨年暮れから7日間に及ぶ豪雪で、柑橘の被害甚大。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」等による) 続きを読む

昭和31年の豪雨

昭和31年(1956)6月30日、豪雨により、農作物の被害多し。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」等による) 続きを読む

大正9年6月の豪雨

大正9年(1920)6月27日、豪雨により、八幡浜、宇和島方面に集中被害。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」等による) 続きを読む