昭和18年の台風

災害年月日
1943年07月21日
市町村
愛媛県西予市(明浜町)
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月21日~24日、記録的な暴風雨となり、河川が氾濫して大被害を受けた。明浜町内で死者1人、家屋倒壊多し、松山より救援隊が来る。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」等による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
明浜町誌編纂委員会編「明浜町誌」(明浜町、1986年)、19頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者
NO.
愛媛5985

よく似た災害

明治29年の台風

明治29年(1896)8月18日、暴風雨により、家屋・樹木の倒壊多し。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」等による) 続きを読む

昭和47年の台風9号

昭和47年(1972)7月23日、台風9号により、道路の決壊多し。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」等による) 続きを読む

昭和29年の台風

昭和29年(1954)9月26日、台風に伴う強風と高潮により、被害甚大、明浜町内の海岸線の決壊多し。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風により、明浜町内で死者1人、家屋の倒壊多く、田畑の流失多く、被害甚大。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東... 続きを読む

昭和13年の豪雨

昭和13年(1938)7月31日、豪雨により、県下の死者22人、家屋倒壊77戸、田畑流失被害甚大。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」... 続きを読む