昭和28年の風雨

災害年月日
1953年01月12日
市町村
愛媛県西予市(明浜町)
災害種類
風水害  
概要
昭和28年(1953)1月12日、強い季節風により、沿岸で被害が出る。電話、電灯線が切断される。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」等による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
明浜町誌編纂委員会編「明浜町誌」(明浜町、1986年)、19頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨
NO.
愛媛5996

よく似た災害

明治18年の豪雨

明治18年(1885)10月15日、4日間連続豪雨。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」等による) 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月11日、南予地方に大雪。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」等による) 続きを読む

昭和15年の霜害

昭和15年(1940)5月6日、宇和町で-3.5℃、霜害の面積1,376町歩。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」等による) 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)7月27日~8月30日、雨量なく、農作物の被害甚大。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」等による) 続きを読む

昭和4年の霜害

昭和4年(1929)4月23日、県下一円に降霜。宇和町で-2.5℃。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」等による) 続きを読む