享保14年7月の風水害

災害年月日
1729年10月00日
市町村
愛媛県宇和島市(三間町)
災害種類
風水害  
概要
享保14年(1729)9月、風水害があり、吉田藩より幕府に提出した損毛の覚によると、被害は田485町、畑315町余、井関2,721箇所、堤川除12,700間破損、潰家653軒に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三間町誌編集委員会編「三間町誌」(三間町、1964年)、7頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風水害 吉田藩
NO.
愛媛6041

よく似た災害

享保6年の洪水

享保6年(1721)閏7月15日、石手川洪水により、堤防117,141間が損壊。被害は田畑3,716町余、流家889軒、死者男女72人、根起木429本... 続きを読む

享保7年の大風雨

享保7年(1722)6月23日~24日、松山を中心に大風雨が襲来したため、大きな被害が出た。被害は田の川成・砂入・汐入・水押3,263町余、流家307... 続きを読む

万治元年の風雨

万治元年(1658)8月19日、20日、幡多郡に大風雨、洪水があり、被害は損田8,000余石、流死男女12人、流家347軒、潰家684軒に及んだ。 続きを読む

天明7年4月の洪水

天明7年(1787)4月25日、強雨、出水2丈9尺7寸余、流家11軒、潰家333軒、死者5人、水入田1,442町余、畑268町余、植付不能田166町余... 続きを読む

享保6年の大雨

享保6年(1721)閏7月14日頃から大雨となり、翌15日には出水のため石手川の堤防が決壊し、各地は洪水となった。被害は田畑の砂入・汐入・水押3,71... 続きを読む