昭和18年の台風

災害年月日
1943年07月21日
市町村
愛媛県宇和島市(三間町)
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月21日から24日にかけて、台風による降雨が甚だしく、宇和島観測所の総降水量は942ミリに及んだ。三間川も氾濫して、元宗その他の堤防が破損した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三間町誌編集委員会編「三間町誌」(三間町、1964年)、7-8頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 三間川
NO.
愛媛6049

よく似た災害

平成元年の台風22号

平成元年(1989)9月19日、台風22号が鹿児島県大隅半島に上陸後、四国沖を通過し、大雨、竜巻となった。総降水量は成就社で160ミリ、三崎で150ミ... 続きを読む

昭和21年の台風

昭和21年(1946)7月29日、台風が豊後水道を通過し、幡多郡で大洪水、仁淀川も氾濫した。被害は死者18人、床上浸水3,570戸、橋梁流失30箇所に... 続きを読む

昭和54年の台風12号

昭和54年(1979)9月1日~4日、台風12号により、総降水量は福原旭681ミリ、大竜寺572ミリ、日和佐472ミリ、旭丸372ミリ、木頭362ミリ... 続きを読む

昭和54年の台風12号

昭和54年(1979)9月1日~4日、台風12号により、総降水量は福原旭681ミリ、大竜寺572ミリ、日和佐472ミリ、旭丸372ミリ、木頭362ミリ... 続きを読む

昭和55年の台風19号

昭和55年(1980)10月13日~14日、台風19号により、総降水量は太竜寺山350ミリ、徳島325ミリ、福原旭260ミリ、木頭211ミリとなった。... 続きを読む