享保14年の洪水

災害年月日
1729年10月03日
市町村
愛媛県宇和島市(三間町)
災害種類
風水害  
概要
享保14年(1729)9月11日、大雨、洪水。吉田藩の幕府御用番宛の報告によると、9月11日午刻より雨降り、酉刻より雨募り、戌刻に雷強く、川々は満水、堤切れて洪水となり、家中は破損、川水は常水より1丈余増し、陸地の水高は7尺、溺死者10人などと記されている。また、「藤蔓延年譜」によると、吉田藩のこの年の損毛は田3,030石、畑513石であった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三間町誌編集委員会編「三間町誌」(三間町、1994年)、32-33頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 洪水 吉田藩 死者 藤蔓延年譜
NO.
愛媛6063

よく似た災害

享保19年の大雨

享保19年(1734)、大雨により、吉田藩の損毛は田1,480石、畑608石、合計2,088石に及んだ。また、この年には別の風雨により、吉田藩の損毛は... 続きを読む

享保15年の洪水

享保15年(1730)、洪水により、吉田藩の損毛は田3,000石、畑500石、合計3,500石に及んだ。(「藤蔓延年譜」による) 続きを読む

享保16年の洪水

享保16年(1731)、洪水により、吉田藩の損毛は田1,165石、畑653石、合計1,818石に及んだ。(「藤蔓延年譜」による) 続きを読む

享保10年の洪水

享保10年(1725)、洪水により、吉田藩の損毛は田畑計6,700石に及んだ。(「藤蔓延年譜」による) 続きを読む

享保11年の洪水

享保11年(1726)、洪水により、吉田藩の損毛は田畑計7,200石に及んだ。(「藤蔓延年譜」による) 続きを読む