昭和38年の長雨

災害年月日
1963年03月00日
市町村
愛媛県宇和島市(三間町)
災害種類
その他(長雨)  
概要
昭和38年(1963)3月から5月にかけて70日にわたって長雨が続き、麦や菜種の収穫に大打撃を与えたほか、雑穀類は生育不良で種子もとれぬ位の状態であった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三間町誌編集委員会編「三間町誌」(三間町、1994年)、35頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨
NO.
愛媛6107

よく似た災害

昭和59年の渇水

昭和59年(1984)、銅山川で渇水が発生し、取水制限が50%に及び、宇摩地域の製紙工場等に大打撃を与えた。 続きを読む

昭和60年の渇水

昭和60年(1985)、銅山川で渇水が発生し、取水制限が50%に及び、宇摩地域の製紙工場等に大打撃を与えた。 続きを読む

昭和24年のデラ台風

昭和24年(1949)6月21日、豊後水道を襲ったデラ台風は、多数の人命を奪い、宇和海の漁業に壊滅的な打撃を与えた。 続きを読む

明治27年・28年の干ばつ

明治27年(1894)と明治28年(1895)、2年続いた干ばつは、常習的な水不足に苦しんだ農民たちに大打撃を与えた。 続きを読む

昭和33年の台風17号

昭和33年(1958)8月28日、台風17号が来襲し、安戸池の水門とたいこ橋を流し、海岸線の防浪壁を傷つけ、田畑にも大打撃を与えた。消防団員2人が負傷... 続きを読む