明治19年の台風

災害年月日
1886年07月22日
市町村
愛媛県鬼北町(日吉村)
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)7月22日、大暴風雨により、農作物の倒伏・流出が起こるとともに、山林の巨木の倒壊・流出により河岸の崩壊、田畑の流失が多かった。広見町小松の河川、通称中川原で梁漁中の数人が濁流にのまれる悲惨事があった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
日吉村誌編集委員会編「日吉村誌」(日吉村誌編集委員会、1968年)、9頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 中川原
NO.
愛媛6182

よく似た災害

明治19年の台風

明治19年(1886)7月22日、大暴風雨により、農作物の倒伏・流出が起こるとともに、山林の巨木の倒壊・流出により河岸の崩壊、田畑の流失が多かった。広... 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月10日及び25日、台風により、宮窪でも多大の被害があった。詳細は不明であるが、友浦上の浜、大崎、鹿老渡では田畑、家屋の流失が... 続きを読む

元文3年の台風

元文3年(1738)、大暴風雨により田の流失が多かった。(「田野村誌」等による) 続きを読む

明治29年の集中豪雨

明治29年(1896)8月28日から3日間、集中豪雨により溜池や河川の決壊が多かった。 続きを読む

明治19年7月の洪水

明治19年(1886)7月22日、暴風雨のため、広見川の出水で、田畑の流失10町余、家屋の流失10数棟に及び、山腹の崩壊は50箇所にのぼった。21日夜... 続きを読む