享保17年の洪水

災害年月日
1732年00月00日
市町村
愛媛県松野町
災害種類
風水害  
概要
享保17年(1732)、洪水、蝗害により、享保の大飢饉となった。この時、目黒村の庄屋毛利与右衛門は、私財の米銭を村民に分け与えて飢えをしのがせ、吉田藩主よりその功を賞され、吉田藩83ヶ村の庄屋頭を仰せつけられたと伝えられている。(「明治村誌」、「毛利氏歴要紀略」等による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須田武男編「松野町誌」(松野町、1974年)、64頁及び1085頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 享保の飢饉 毛利与右衛門 毛利氏歴要紀略
NO.
愛媛6203

よく似た災害

享保17年の洪水

享保17年(1732)、洪水、蝗害により、享保の大飢饉となった。この時、目黒村の庄屋毛利与右衛門は、私財の米銭を村民に分け与えて飢えをしのがせ、吉田藩... 続きを読む

享保2年の洪水

享保2年(1717)5月、大雨のため、洪水により島内各村の川がほとんど決壊した。各村では川成を仰せつけられて復旧した。 続きを読む

享保9年の干ばつ

享保9年(1724)、干ばつにつき、宇和島藩領で雨乞いが仰せつけられた。 続きを読む

享保9年の干ばつ

image

享保9年(1724)5月、6月、旱す。道前郡のうち200町余が植え付けできず、道後八幡で両度雨乞いを仰せ付けられ、降雨があった。(「松山叢談(御先祖由... 続きを読む

享保15年の洪水

享保15年(1730)、洪水により、吉田藩の損毛は田3,000石、畑500石、合計3,500石に及んだ。(「藤蔓延年譜」による) 続きを読む